専門資格

女性の仕事で収入が多い仕事というと、やはり専門資格があるものが強いです。
女性の平均収入を見てみると、500万円以上で高収入と言えると思いますが、その高収入層と300万円以下の低収入層に二極化しています。
専門資格でもやはり医療系が強く、医師だと平均年収は957万円であったり、保健師や助産師も650万円ほどで、看護師も500万円近くもらっています。
ですがこれらの仕事は激務だったり、人の命に関わる仕事ですので精神的にも肉体的にも負荷がかかります。

収入だけ見て安易になろうと考えることが出来るものではありません。
また医療系以外での専門資格であれば法律事務や大学教授など、高い知性を要する職業が挙げられます。
これらもやはりここにたどり着くまでが大変だと言えるでしょう。

一方で保育士や美容師や調理師など国家資格でありながら年収が300万円前後の職業もあります。
仕事も保育士は育ち盛りの子どもたちの相手を1日じゅうですから体力的にも大変だし、美容師も1日じゅう立ちっぱなしで腰を悪くしてしまうこともある。
仕事をするにあたり楽なことなどないとは思いますが、やはりこれらの職業は大変だと思います。

しかし、専門資格であるので、結婚、出産で退職しても資格があるかぎりは現場に復帰できるので女性の仕事としては心強いと思います。
そして何より自分の好きなこと、興味のあることを仕事として出来る職業だと思うので、大変さもありますがやりがいや魅力も十分にあるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です