大きなやりがいを感じることができる助産師

もともとは助産師というのも看護師資格を持っていないとなれませんので、看護師で助産師資格も併せて持っている人を看護師とは呼ばず、助産師と呼ぶのです。
分娩室では産科看護師も立ち会いますが、モニターの監視などがほとんどで、後は出産を終えた母親の体の回復などを管理したりする業務になります。
それに大きな総合病院などで産科に勤務する看護師は、移動などで他の科に行く場合もありますが、助産師の場合は移動はなくいつまでも産科で勤務することができます。

産科での勤務を強く望む人は看護師資格取得後、助産師を目指すといいでしょう。
助産師は看護師より専門的な知識(出産や新生児に関する知識)などが多く必要になるため、看護師よりも若干立場は上になり、お給料に関しても、やはり少し高い設定になっています。

病院のほか、助産院などにも勤務できますので、就職や転職先の幅は広がります。ただ前述したように、助産師は長く続けられる職種であるため、助産師の求人はあまりありません。見つけたらすぐに応募する方が良いでしょう。
しかし、日本では助産師資格を取得できるのは女性のみであるため、男性はいくら看護師資格を取得しても、助産師にはなれません。
アメリカやイギリス、オーストラリアなどでは男性の助産師も存在します。
日本でも性別による取得制限は稀で、男性の助産師を望む妊婦がいない。
また、出産と言う行為に男性が立ち会うことへ抱く嫌悪感、というのが原因のようです。

出産は女性のものなので、日本人の文化では男性の介入というものには敏感になりますよね。
産科医師には男性もいますが、現在ではかならず女性の看護師か助産師立会いの下の診察を義務付けられています。
出産と言う生命の誕生の場に立ち会えると言うのはとても感動的なことであり、助産師はやりがいを多く感じられる仕事でもあるので、
看護師から助産師を目指す人は年々増え続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です